読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

お世話になった人への感謝の気持ちを大切にできる人になりたい

昨日は年度末の金曜日ということもあり

今日で仕事辞めますっていう人や、

今日で塾辞めますという生徒を

たくさん見かけました。

「またどこかで。がんばってくださいね。」

と声をかけたけど、会ったためしがない。

もう一生会うこともないのだろうな。

そう思うと何だか寂しい気持ちにもなる。

 

たくさんの人と出会って、お別れしてを

繰り返すけれど、ずっと切れないで繋がっている縁も

ある。

人間関係を断捨離とか思っていた時期もあったけど、

私が断捨離する側ではなく、断捨離される側かも

しれない。

縁は大事にしていこうと思う。

 

でも、今の時代フェイスブックで

いきなりご縁が復活する時代。

15年ぐらい音信不通になっていた友人とも

またライブに行ったり、ご飯食べに行ったり

ということもできている。

年賀状で細々と縁を繋がなくても

繋がれる時代。

すごい時代になったと思う。

 

最近、お世話になったあの方は元気だろうか?

と、ふと思うことがある。

小、中、高の担任の先生とか、

ピアノの先生とか。

年賀状のやり取りも途絶えてしまったし、

何にもわからない。

色々検索してみたけど手がかりはなかったです。

たった一人だけ高3の担任をフェイスブックで

見つけました。

私のこと覚えているかな?

本名がインパクトあるので

名前だけ覚えていそう。

そんな担任もすっかり白髪のおじいちゃんになっていて

衝撃的でした。

 

私も44歳の大人。

お世話になった人には

いつまでも感謝の気持ちを忘れずにいたいと思う。

あんなにお世話になったのに

ぷちっと縁が切れてしまった事も多々ある。

ひとでなしの一言に尽きる。

感謝の気持ちを忘れない人でありたいと思う。

 

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村p>