読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

「地震が来たときに逃げれる状態で過ごしなさい。寝起きのままの服装で避難所に行けるの?」と高1の長女を叱りました。

長女の期末テストが先週の水曜日に

終わりました。

あれから1週間・・・。

長女は遊びに行く時以外は横になって

ずっとスマホをいじっています。

朝仕事に出かける前に、布団を畳むこと、自分の机を片付けることを

お願いして出掛けました。

午後に帰宅すると、約束した2つのことだけはやっていましたが、

朝ごはんは食べたままの状態。

着替えもせず、顔も洗っていない様子。

部屋も散らかっていました。

 

昼ごはんを食べたか聞くと、

「食べ物がないから何にも食べていない。」

お菓子の袋が散乱していました。

これが高校2年に4月からなる女の子なのか・・・。

悲しくなりました。

 

 考えてみれば、私も高校の時は

長女みたいな高校生でした。

手伝いをした記憶はありません。

だからと言って、何にも言わないのは

違うと思っています。

親の大変さに気が付いて

自らお手伝いしてくれるお子さんもいますが、

我が家の長女は残念ながら違います。

言わないと何にもしません。

「だって言われなかったから。」

彼女の口癖です。

だったら言うしかないのです。

例え衝突しても、言うしかありません。

衝突した後で、長女はいつも

黙ってぷりぷり怒っていますが、

自分のだらしなさには気がついてはいるようです。

ダメな部分を後日改善します。

 

夕方から2本目の仕事に出かけるときに

「せめて、地震が来たときに逃げれる状態で過ごしなさい。

 その寝起きのままの服装で避難所に行けるの?」

と、強い言い方で彼女にいいました。

夕方なのに、寝起きの状態はありえないです。

夜に帰宅すると着替えていました。

黙ってプリプリ怒っていました。

会話はしていません。

目も合わせていません。

疲れます。

 

めんどくさがりな性格は私譲りなので

彼女のことも理解はできますが・・・。

でも、身支度を整えないと

生活がだらだらとしたものになります。

シャキッとさせるためにも

最低限の身だしなみは心がけてほしいと

思います。

長い春休み、英語のテキストを買って苦手を

克服とか思わないのかな?

読書しようと思わないのかな?

思わないだろうなあ・・・。

スマホの動画みて1日ごろごろしているなんて

もったいないなあ。

今日もごろごろ過ごすのだろうか?

身支度だけは整えるように言おうと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村