読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

プレゼントは 湧き出る気持ちに素直になって贈るようにしています。

先日、テレビを観ていたら、

「結婚指輪の石の大きさが小さいから

買い直して、後日領収書を主人に渡しました。」

というエピソードを話している女性がいて、

びっくりしました。

ご主人も

「給料から精一杯の指輪をプレゼントしたんですけどね。」

ニコニコ話していました。

ご主人がニコニコ話していたので

そのご夫婦的には

全然問題ないエピソードなのでしょうね。

 

我が家の場合結婚16年。

プレゼントは今まで3つ。

①日傘 妊娠中にもらいました。

②ネックレス 一緒に買い物していて

       欲しいと言ったら買ってくれた。

③トートバッグ シップスのトートを誕生日プレゼントに

        おねだりしたら買ってくれた。

 

お互い誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントも

渡さないし、結婚指輪もないし、結婚式もあげてないし、

世間的には我が家もふつうじゃないかもなあ。

色々な常識に縛られるのがきらいで、

やりたければやる、やりたくなければやらないという

ただ、それだけ。

でも44歳になったので、

昔よりは世の常識に合わせられるように

少しはなってきた・・・と思う。

 

実家の両親には父の日、母の日、お歳暮はかかさない。

親不孝な私なりの感謝の形です。

 

プレゼントってあげたいなーという

湧き出る気持ちに素直になって贈るもの

だと思っています。

何の日でもないのに

仕事仲間に小さなお菓子のプレゼントを

あげたり、これをあげたら主人や子供は

喜ぶかなーと、そんな気持ちから

小さなプレゼントをあげることが

あります。

 

だから領収書を渡すってエピソードは

とても、せつない話だなと・・・。

ご主人のプレゼントした石の大きさが気に入らない

とか思うんだなあと。

ご主人がニコニコ笑っていたので

優しいご主人に甘えたのかなと

解釈しました・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村