読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

出産こそ穏やかに丁寧に、後悔しないように

いとこの奥さんが妊娠糖尿病になりました。

妊娠中は女性ホルモンの仕業で糖尿病になりやすのだとか。

彼女は38歳。

この年齢も糖尿病を引き起こす要因になったようです。

 

私の友人には43歳初産とか、40歳を過ぎてから出産した方が

たくさんいて、38歳なんてまだまだ若いという認識でした。

 

私が第一子を出産したのが28歳。

周囲のママの年齢もだいたい同じぐらいの年齢でした。

中には35歳初産という方もいましたが、

当時はスゴイ!

けっこう頑張ったな!

という印象でした。

しかし、今や35歳出産なんて当たり前で、

全然スゴイ!なんて思わないぐらい、普通の事。

 

しかし、見た目がいくら若くても

やはり何かしらのリスクはあるようです。

 

私のいとこの奥さんは結婚して

初めて人間ドッグに行き、子宮筋腫を発見。

約800グラムの子宮筋腫を1年前に取って、

ようやく今回妊娠。

ところが、妊娠糖尿病となり、

インスリンを毎日注射しなくてはならないそうです。

出産後には、大半の方は糖尿病が治るらしいのですが・・・。

 

 

やはり出産というのは順風満帆とはいかない場合も多々

あるという事を改めて実感しました。

私も、流産、切迫流産、逆子のため帝王切開、麻酔が効きすぎて

呼吸困難とか、命がけなのが出産だと思っています。

順風満帆ではありませんでしたから。

(中には、臨月まで自転車に乗って、さらっと出産してしまう強者も

いますが・・・。)

 

出産こそ穏やかに丁寧に、後悔しないように日々過ごすものかなと

思っています。

大事なお腹の子供のために女性はそうやってお母さんに

なっていくんですよね。

大変な時は周囲のサポートを受けて

頑張り過ぎないで出産するのがよいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村