読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

一緒に働く人の温かさを実感し、 必要とされることの素晴らしさがようやくわかりました

今週から、正式に仕事が一つ減りました。

(3カ月間トリプルワークでした。)

 

www.grasshopperss.com

 

 

www.grasshopperss.com

 

1日に2つ仕事をはしごする日もありました。

人間やろうと思えばそんな事も出来てしまいます。

でも、いざ辞めてしまうと、よくそんな事が

出来ていたものだ・・・信じられないって

思います。

アドレナリンがぶわーって出てたのだと

思います。

家族にはカリカリしてるって言われてました。

アドレナリンのおかげで動けていただけで、

本当はとても、とても疲れていたのかも

しれません。

 

最初はとても地味な企業の売店で働くのは

刺激が足りないかも・・・と思っていました。

しかし、最近売店にも慣れてくると

一緒に働く人の温かさとか、久しぶりに会うスタッフさんに

ほっとさせられたり、とても居心地が良くなってきました。

自分の居場所、必要とされる喜び、任されているという実感

にとても心が安定します。

 

先日、Wワークで続けている某小売店に行くと、

時間内に仕事を終わらせるために、

スタッフがカリカリした雰囲気で

顔だけ笑顔で働いていたので

気を使い過ぎて、疲れて家に帰ると寝込んでしまいました。

忙しい職場なので、みんなカリカリしちゃうんでしょうね。

余力を残して帰宅しないと体力なしの私は

子供の勉強を見てあげたり、家事をこなしたりできません。

 そんな私の状態を予測したのか帰宅途中

主人からのメール

「今日はとても疲れたんじゃない?☻」

というタイムリーなメールが届きました。

「もう辞めるかも・・・」

と思わず返信。

 

そんな私にまたもやタイムリーに売店から

「もう少し、勤務日増やしてくれたら

嬉しいなあ。時給も上げるから。どうかな?」

と甘い誘惑。

地味な売店でいいのか?とくだらない事を

考えていました。

しかし、一緒に働く人の温かさを実感し、

必要とされることの素晴らしさがようやくわかったので

その話に乗っかろうかなと思っています。

 

Wワーク卒業の意志がやっと固まってきました。

ここまで5カ月もかかってます。

(優柔不断)

自分の理想は、きれいに片付いた家で

家事をきちんとこなし、子供の勉強も見てあげて、

きちんとご飯を作ること。

家庭生活の充実が1番と考える私は、その実現に向けて

仕事の整理第二弾を実行してみようと

思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村