読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

恐怖の退職勧告  その後・・・

先日恐怖の退職勧告されたことを記事に書きました。

 

www.grasshopperss.com

 

今日が退職日でした。

私を完全無視の指導者でしたが、今日でおさらばなので

全然平気でした。

いよいよ帰ろうと、書類を渡すと、

上司「退職日は来月末よ。何を言っているの?」

私 「でも、ミーティングで本日が退職日とおっしゃってましたが・・・。」

上司「そんな事言ってないわ。困るわ。」

私 「もう予定があります。」

上司「A先生が本日退社とか言ってるんですけどー。」

他のスタッフ「今日で退社と言ってましたけど・・・。」

上司「なんで間違いを指摘しないの?」

私 「そうなんだ・・・と思いましたが。」

上司「言い間違いました。申し訳ございません。

   どうか来月末までお願いします。」

と深く頭を下げ続けました。

その場でおさまりがつかなくなり

私 「後ほどお電話致します。」

と逃げてきました。

そして、先程、電話して

私 「やはり予定があり無理です。申し訳ございません。」

上司「そうですか。わかりました。」ガチャっと

電話を切られました。

すごーく後味が悪くて具合が悪くなりました。

 

忙しいからやっぱりあと1カ月居てもらおう。

と気が変わったのでしょう。

以前から小さなウソから大きなウソまで

平気でつく人だなーと思っていたのですが、

今回はダイレクトにウソをつかれたので

腰が抜けそうになりました。

 

保護者へのお手紙には

「子供たちの未来の幸せを祈りながら仕事をしています。」

と書いてありました。

どんな未来の幸せなの?と怖くなりました。

とりあえず、後味は悪かったですが、

退職できてほっとしています。

 

塾選びは指導者の人間性もきちんと見極めて

選ぶことをおススメします。

お子さんの先生や、塾の先生は大丈夫ですか?

面談などして確認してみて下さいね。

 

恐怖の退職勧告 その結末でした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村