読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

悪い噂は広まるけど、いい噂は広まらない。

地元の方との交流はあまりない私。

今、小学校の卒業対策委員やっているので

例年よりはちょこっと交流があるかもしれない。

 

そんな隠居生活みたいな暮らし方を地元でしていても

「誰々が不登校になった。」

「誰々が裏番長だ。」

「誰々がいじめっこだ。」

「誰々の成績が悪い。」

みたいな噂は自然と耳に入ってくる。

 

そんな噂話が嫌なので、長女が私立中学に

入った時は、お金はかかるけど、ホッとしたのを

覚えています。

色々な噂話とは無縁の世界なので

本当に気持ちが安定し、比べることをしない

安定した気持ちでいることができました。

 

しかし、小6長男は地元の公立中学に入学予定です。

成績がどうだとか、不登校がどうだとか

ネガティブな話が耳に入って

くるのかしら。

あまりかかわりたくはないけれど、

のび太君みたいな息子が地元の中学に進学することは

心配だったりする。

万が一、いじめとかそんなのに

巻き込まれないとも言い切れない。

信頼できる保護者もしくは、生徒がいれば

息子がSOSを発信できない時に助けになるのでは

と思う。

でも、大事なのは息子に色々話をしてもらえる

親子関係を築くことなのだと思うのです。

困った時に真っ先に相談してもらえる、

息子のSOSに気づいてあげれる母親になることが

大切だと思うのです。

 

悪い噂ばかりが広まる世の中。

そこに隠れた良い噂はなかなか伝わってこない

現実。

 

地元の中学に進学するということは

まだ、未知の世界なので本当に怖いものはある。

成績がランキングで出てきたりすると

他のお子さんの顔が分かるので

私に、競争心が芽生えて

長男に無理をさせてしまうかも・・・

という心配もあります。

 

自分軸をしっかり持って、マイペースに

穏やかに中学生活を長男が過ごせるように

サポート、応援していきたいと心から思う

今日この頃です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村