読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとした生活

こつこつ家を整えています。日々断捨離。身の丈に合った心地よい生活が理想です。

帰省したくてもできない理由

今年の夏休みも実家のある宮城県に帰省できませんでした。

私は一人っ子なので、帰省がなかなかできないのは

親不孝者だなと思います。

 

しかし、1回の帰省にかかる費用が新幹線代と

宿泊費を合わせると10万円以上。

自宅に泊めたがらないので、

近くのビジネスホテルを利用すると、

とんでもない金額になります。

私が一人なら無理やり実家に泊まることもできますが、

子供たちを置いて帰省するのも

どうかと思い、また今年の夏も帰省しませんでした。

 

泊めたがらない理由の一つが、トイレやお風呂が自宅の

外にある為です。

しかも、トイレはボットントイレ。

慣れない人にとっては恐怖。

落っこちるのではないかという恐怖。

私も小さい時は怖かったのを覚えています。

子供たちが小さい時は

ポータブルのトイレを廊下において

対応していましたが、

さすがに大きくなり過ぎました。

 

そんなこんなで金銭的な理由と、

トイレお風呂問題があり

帰省できていないのが現状です。

 

 

高校生の長女の学費が超高額で

月に84000円・・・。

私のパート代は全額学費です。

そんな身の丈に合わない学校に通っているため

帰省どころではないのが現状です。

 

こんな事情ってありなのでしょうか?

 

別に贅沢な暮らしをしているわけでは

ないのですが、帰省費用が捻出できません。

私の帰省したいという気合が足りないのかなあと

思う事もありますが、本当に捻出できない。

 

逆に孫の顔でも見に来るような両親なら

どんなに有難いか・・・。

それもなく、どっちもどっちな親子です。

 

貯金切り崩して帰省するかーという

強引さがなければ、帰省は不可能です。

 

帰省したくてもできない・・・・。

結構深刻な悩みのひとつです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村